イベント情報

(2008.04.18掲載)

クラブクラス滑空競技会08‘開催要領



クラブクラスカップ

20054月第20回日本滑空選手権以来、国内で本格的滑空競技会を開催しておりませんが、まず簡単なルールで滑空競技会を開催しましょう。

主催:社団法人 日本滑空協会
共催:社団法人 日本グライダークラブ(
平成20年度スポーツ振興基金助成事業として実施します。
開催日時 :公式練習日 200852日(金)、3日(土)
  競技日5月4日()5日(祝月)、6日(祝火)(1日の競技成立で大会成立とする)
開催場所 :板倉滑空場

大会役員
 大会会長 :牧野 健  (社)日本滑空協会 会長
 実行委員長:吉田 正克 (社)日本滑空協会 常務理事
 競技委員長:秋山 崇道 (社)日本グライダークラブ
 スコアラー:久田 雅樹 (社)日本グライダークラブ
 陪審員議長:中村 則之  京浜ソアリングクラブ
 事務局長 :甲賀 大樹 (社)日本滑空協会 常務理事

参加資格

  1. 有効なライセンス保持者(技能証明、航空身体検査、無線)
  2. クロスカントリー飛行技量保持者(銅章以上、ガグルでの飛行経験)
  3. 板倉で飛行する期間、必要な保険(第三者賠償保険1億円以上、傷害保険1000万円以上)に加入している適法な機体を用意し、大会前に保険証書のコピーを提示する。
  4. 自己の意思で参加し、発生した事態の結果は自己責任で解決することを誓約する所定の申込書(下記)で参加申込を行い、参加料金(2万円:学生・26歳以下は1万円)を振込んだ順に参加登録を受付ける。参加申込が多い場合は補欠も含める。
  5. 最大受入参加機数:23機(先着順)とする。
  6. 複座機の参加、複数パイロットが一機を共有しての参加、一日だけの参加も可能とする。

選手特典

  1. 優勝者に日本滑空協会杯(持回)を授与し、アクリル盾に氏名刻印して授与する。
  2. 競技飛行の曳航料金およびセルフローンチの着陸料は無料とする。

  
競技種目、タスク設定、機体ハンディキャップ、優勝者
(1)競技種目はAATとする。
(2)毎日の競技タスク設定は、出場選手が提案し、競技委員長が最終決定する。

  1. H20年クラブクラス競技会の機体ハンディキャップは原則としてSC3A2007

機体ハンディキャップ・リストを適用する。
   同リストに掲載されていない機種のハンディキャップは競技開始前に決める。
   http://www.fai.org/gliding/system/files/sc3a.pdf  Appendix3 48-51n

  1. 毎日の最高点を1000点として各選手に比例配分して集計し、競技成立日累計で最高得点者を優勝者とする。

フライトログの証明、疑義裁定
 (1)ログの記録はGPS、フィルムカメラ、デジタルカメラ等いずれでも可能とする。
 (2)飛行後、選手はペアーでお互いに相手ログを確認し、スコアカードに署名して
    スコアラーに提出する。
 (3)結果に疑義ある場合は、陪審員議長に申し出る。
    陪審員議長は関係者から事情聴取し、裁定する。
    関係者は陪審員議長の依頼に応じて業務執行に協力するものとする。

競技会事務局
  参加申込・問合先:(社)日本滑空協会 常務理事 
  甲賀大樹 kohga@ab.auone-net.jp
 参加料振込先:みずほ銀行 新橋支店 普1804103 社団法人日本滑空協会

以上

  送付先FAX : 03-3519-8075 またはE-mail添付kohga@ab.auone-net.jp(社)日本滑空協会 甲賀大樹宛

                        
申込日付 2008年__月__日(申込締切4/30) 

 

参加申込

 クラブクラス滑空競技会08に自分の意思で参加し、自己の責任で飛行することを了解して申込みます。

ご本人について
  姓名:______________________    年齢:____歳
  (社)日本滑空協会 会員番号:___________  
  住所(郵便番号を付けて下さい) :〒______ _________________
  事務連絡用 E-mailなければFAX : __________________
  前日・当日の予定変更など緊急連絡用 できれば携帯電話 : _________
  技能証明:自家用 / 事業用  飛行機 / モーターグライダー / 上級滑空機 (非該当項目を消去) 
  技能証明番号_________  取得年月日_________
  教育証明番号________  取得年月日__________
  所有日本滑空記章:____章(銅章以上)
  航空身体検査:番号________________ 有効期限 _________
  無線免許:航空無線士 / 航空特殊無線技師(非該当項目を消去) 番号_____
  所属滑空クラブ名:___________________________ 
  最近3ヶ月の飛行状況 搭乗機____________________________ 飛行時間______

競技機について
  機種名________________________________ 登録番号 JA      
  保険証書のコピーを用意しておくこと         確認__________

 

緊急時連絡先 
  姓名:_________________(ご本人との関係)__________
  住所:_________________________________ 電話番号:_________

 


注)上記文書は、MSワードで作成された文書をhtml化したものをページに組み入れて掲載しておりますが、部分的にオリジナルのワード文書通りに表示されない箇所があります。また、閲覧に使用しているPCやブラウザの環境によっては、さらに表示が崩れる等の可能性があります。つきましては、以下のオリジナルワード文書もしくはこれをPDF化した文書もご参照頂くようお願いいたします。

クラブクラス滑空競技会08開催要領E(MS-Word)
クラブクラス滑空競技会08開催要領E(PDF)