イベント情報


スカイスポーツシンポジウムのお知らせ


スカイスポーツシンポジウムは、(社)日本航空宇宙学会の特殊航空機部門委員会が主管し、今年で第15回を迎えます。

このシンポジウムは,スカイスポーツの性能向上と安全性に関する学術的な研究のほかに,技術的経験的,知識的および解説的な分野も対象としており,スカイスポーツ研究者と 愛好者の交流ネットワークの拡充,将来のコミュニティのコアの育成を図ることを目的としています。

講演は、近年模型航空関連が多いようですが、毎回20件弱、各25分間の発表があります。

過去5年間の滑空機関連の講演は、

2007年 九州工業大学のグライダー事故を考える 米本浩一
(九工大)
2006年 アンデス山脈の山岳波を利用したグライダーによる長距離飛行
櫻井玲子
(JSC)
英独におけるグライダー曳航ウィンチと背風発航の諸事情 米本浩一
(九工大)
2005年 国産グライダー・萩原式Hシリーズの製造にかかわって
佐藤一郎
(関宿滑空場)
燃料電池モーターグライダー実現可能性の研究 若生徹、他
(JSA)
2004年 グライダーによる日本国内の長距離飛行の実績と可能性 市川博一
(JSA)

などが為され、講演集は航空図書館等で閲覧することができます。
ご興味のある方は、どうぞ奮ってご応募下さい。

なお、一般の方もシンポジウムに参加して聴講することができます(参加料\2000)。

詳細は、第15回スカイスポーツシンポジウム開催案内
http://www.jsass.or.jp/web/annai/content0096.html
をご確認いただき、学会ホームページの講演会・講演会申込リンクから行って下さい。

開催日:平成21年12月5日(土)
会場:日本大学理工学部(駿河台校舎) 東京都千代田区神田
講演申込締切:平成21年8月28日(金)
前刷原稿提出締切:平成21年9月25日(金)

>>>>>>>>>>>参考

主催
(社)日本航空宇宙学会

共催
(財)日本航空協会

協賛
日本大学,日本気球連盟,エクスペリメンタル航空機連盟,(社)日本航空機操縦士協会,(社)日本滑空協会,日本模型航空連盟,(社)日本ハング・パラグライディング連盟,(NPO)日本マイクロライト航空連盟,日本パラモーター協会,読売テレビ(予定)

開催日
平成21年12月5日(土)

会場
日本大学理工学部(駿河台校舎)
〒101-8308東京都千代田区神田駿河台1-8

講演申込方法
次の方法で申込みを行なって下さい.
1. 学会ホームページ の「講演会・講演会申込」をクリックします.スカイスポーツシンポジウムの「講演申込」ボタンをクリックすると入力画面が現れます.画面上に必要事項を入力して申込みを行なって下さい.

講演募集テーマ
人力飛行機,ハンググライダー,パラグライダー,グライダー,飛行機,ヘリコプター,模型航空機,模型ロケット,紙飛行機,自作航空機,超軽量動力機,気球,スカイダイビング等,スカイスポーツ全般に関する学術的,技術的,経験的,知識的,解説的なもの.

講演申込締切
平成21年8月28日(金)
前刷原稿提出締切
平成21年9月25日(金)
締切に遅れますと掲載できないことがありますので,あらかじめご了承願います.

原稿の提出方法
・前刷り原稿の提出は講演者の自由といたします.
・希望者には講演受付け後、学会より原稿執筆要領 を送付いたします.
・前刷り原稿はA4サイズ4枚とします.
・写真は、1前刷り原稿あたり3枚までとします。
 なお、3枚をこえる分については、1枚あたり1,000円の料金がかかります.

・郵送の場合:
〒105-0004
東京都港区新橋1-18-2 明宏ビル別館
社団法人 日本航空宇宙学会
封筒に、スカイスポーツシンポジウム原稿在中と朱書き

・電子投稿の場合:
原稿受付システムより、PDF原稿で投稿してください。
PDF原稿投稿時に講演番号(プログラム参照)と、パスワード(講演申込み時のメールアドレス)が必要になります。
提出されたPDFファイルはそのままプリントアウトして、講演集に印刷します。
※ 特殊なフォントは印刷時に文字化けする可能性がありますが、委員会で それらに対応することは困難です。文字化けの回避などは、投稿者の責任となりますので、十分に注意してください.
問合せ先

〒105-0004 東京都港区新橋1-18-2
(社)日本航空宇宙学会 事務局
TEL:03-3501-0463/FAX:03-3501-0464
http://www.jsass.or.jp/web/mail/mail.php