イベント情報


第13回グライダー曲技世界選手権

2009年7月9日〜19日、チェコ共和国の古都チェスケブディェヨヴィツェ近郊のホシンにおいて第13回グライダー曲技世界選手権が開催されます。

グライダー曲技世界選手権への日本選手の参加は、第1回(1985)1人、第6回(1995)5人、第7回(1997)1人という実績がありますが、今回実に12年ぶりに静岡大学の大学院生、梶智就さん(26歳)が参加します。

梶さんは21歳の時に(社)静岡県航空協会富士川滑空場でグライダーを始めました。またカナダで飛行機のライセンスを取得し、現在は曳航機のパイロットとしても活躍しています。

昨年春、長年の夢がかなってポーランドで元ワールドチャンピオンのイェージー・マクラ氏の指導のもとエアロバティック訓練を行いましたが、その後の上達ぶりがめざましく、非公式ながらヨーロッパ選手権にも参加するなど実績を積み上げてきており、今後が楽しみな選手です。

大会期間中は下記URLで競技結果をその都度見ることができますので、応援よろしくお願いいたします。

http://www.wgac2009.com/


マクラ氏の愛機SOLO-FOXで飛ぶ梶さん