イベント情報


世界滑空選手権結果:市川 展さん15mクラスで2位入賞!

(2017.01.28 掲載)

 34th.World Gliding Championships は1月8日〜21日、オーストラリアのBenallaで開催され22日閉会式で終了しました。オープン、18m、15m各クラスにはそれぞれ35、43、37機が出場し3位までの入賞者は下記の通りでした。
 15mクラスは常勝のSebastian Kawa と市川 展氏との一騎打ちでした。日本選手のWGC 2位入賞は歴史的快挙です。


Open Class 35選手
 優勝: Russell Cheetham(イギリス JC 1c)、6562
 2位: Michael Sommer (ドイツ EB29R)、6549
 3位: Andrew Davis(イギリス JS 1c)、 6520

18m Class 43選手
 優勝: Killian Walbrou (フランス JS 1)、6607
 2位: Mario Kiessling (ドイツ Ventus 3T)、6514
 3位: Mike Young (イギリスASG29E)、6480

15m Class 37選手
 優勝: Sebastian Kawa (ポーランド Diana 2)、5417
 2位: 市川 展  (日本 Ventus 2a)、5281
 3位: Lukasz Grabowski (ポーランド Diana 2)、5222

15m Classの詳細:

      Daily Total
Day1
1/10
キャンセル
Day2
1/11 Racing Task,
5旋回点206.3Km (Benalla 西空域)
  Sebastian Kawa 645
(1位)
645
(1位)
    市川 展 604
(2位)
604
(2位)
Day3
1/12 Racing Task,
 5旋回点 336.5Km (Benalla 西空域)
  Sebastian Kawa 945
(5位)
1590
(1位)
    市川 展 879
(18位)
1483
(4位)
Day4
1/13
キャンセル
   
Day5
1/14
キャンセル
   
Day6
1/15 Assigned Area Task,
5旋回点444.2Km  (Benalla 北空域)
  Sebastian Kawa 985
(2位)
2575
(1位)
    市川 展 1000
(1位)
2483
(2位)
Day7
1/16 Racing Task,
6旋回点 484.7Km(Benalla 西空域)
  Sebastian Kawa 842
(18位)
3417
(2位)
    市川 展 986
(2位)
3469
(1位)
Day8
1/17
キャンセル
   
Day9
1/18 Racing Task,
5旋回点370.1Km (Benalla 北空域)
  Sebastian Kawa 1000
(1位)
4417
(2位)
    市川 展 981
(2位)
4450
(1位)
Day10
1/19
キャンセル
   
Day11
1/20 Assigned Area Task,
6旋回点 364.9Km
(Benella 北側東西空域)  
  Sebastian Kawa 1000
(1位)
5417
(1位)
    市川 展 831
(21位)
5281
(2位)

ご参考:過去のWGC結果と日本人選手戦歴