お知らせ


航空法の一部改正

(2011.05.29 掲載)

5月17日に衆議院本会議で可決された「航空法の一部を改正する法律案」が5月25日に正式に「航空法の一部を改正する法律」(法律第50号)として成立、官報で公示されました。本法律は、操縦者に対する特定操縦技能の審査制度創設を視野に入れた内容となっており、グライダーパイロットにも大きく影響するものです。今後、手続き等の具体的事項を定める施行規則等の改正が引き続き予定されています。

航空法の一部改正 概略.pdf
航空法の一部改正 本文.pdf