航空安全講習会


はじめに

最難関の操縦士試験を無事パスしたあと、自己の技量維持を怠ってしまう弊害は前から言われてきたところです。近年、官民ともに、その打開策を探ってきましたが、それを具体化したものが当講習会です。

(公社)日本航空機操縦士協会、(公社)日本滑空協会、(一社)日本飛行連盟、NPO法人AOPA-J、NPO法人 全日本ヘリコプター協議会 以上5団体で、H14年より「技量維持連絡会」を構成し、通年、全国各地で航空局通達(国空乗第2077号)に沿った内容の講習会を開催しております。


(参考)国土交通省航空局技術部・乗員課長 通達(H15・3・28 国空乗第2077号)

<前略> また航空局では、小型機事故の実態を踏まえ、操縦士や学識経験者とともに自家用操縦士の技量維持のあり方について検討を行ってきたが、その結果、自家用操縦士に対し、安全講習会の受講や最近の飛行経験の充足により、安全知識の習得、安全意識の向上や技量維持を図るべきとの結論が得られたところである。<途中略>今般、別添のとうり、「自家用操縦士の技量維持方策に関わる指針」を定めたので、貴協会等におかれては、当該指針について参加会員等に周知すること等により自家用操縦士に係る事故防止にご尽力願いたい。


(別添)

1・安全講習会

(1) 航空機を操縦する日から遡って2年以内に安全講習会を受講し、安全知識の習得、安全意識の向上に努める。<以下略>

2・最近の飛行経歴

(1)航空機を操縦する日から遡って180日以内に当該航空機と同じ種類及び等級の航空機による3回以上の離着陸経験がない場合は、実技訓練(航空局が認定した模擬飛行装置または模擬訓練装置により行う場合を含む)を行うことにより自ら技量の維持に努める。<以下略>

*平成26年4月1日より本施行される「特定操縦技能審査制度」に対応しており、特定操縦技能審査 実施細則(国空航第800号平成24年3月29日)に定める口述審査の一部免除が受けられます。

 

講習会の申し込みについて

航空安全講習会の申込は、(公社)日本航空機操縦士協会(JAPA)にて一括受付をしております。
参加希望講習会の開催日・開催場所・氏名・電話番号を明記のうえ、JAPA事務局(japa@japa.or.jp)までお申込み下さい。
JAPA HP  http://www.japa.or.jp/learning/seminer/seminar.htmlより全講習会日程、各講習会プログラム等の確認ができます。

 

航空安全講習会受講票について

従来関連5団体で統一して発行していました受講票(葉書)は廃止され、各団体会員証の提示に変更されています。
会員証を発行していない当協会では会員証の代わりに、航空安全講習会受講票としてカードサイズのものを交付させていただいております。(平成25年度の受講票は、2013.2.27付で協会機関誌「JSA INFO」299号に同封して会員の皆様に発送させていただきました。)

受講票は平成25年度(2013.4.1〜2014.3.31)開催される全ての航空安全講習会が対象となっておりますので、1年間大切に保管していただき、受講の際は毎回必ず携行して下さい。
なお、万一ご紛失された場合は、協会事務局までご連絡下さい。再発行の手続きをいたします。
航空安全講習会受講票見本(平成25年度用)

安全講習会風景